クロマティ氏の打撃指導も…巨人打線が繋がり欠き完封負けで6連敗

巨人 中日

◆中日6-0巨人◆
巨人が6連敗し、DeNAと0.5ゲーム差、広島と1ゲーム差になった。

中日先発・大野雄に対して七回まで毎回、走者を出しながら無得点に終わった。

小技や繋がりがないから怖くない。二番にリーグ二冠の坂本を置く攻撃型オーダーが空回りしている。

初回は腰の張りから一軍に復帰した一番の陽岱鋼が安打で出たが、坂本、丸、岡本が凡退。

2点を追う六回は先頭の坂本が二塁打で出たが、丸が二ゴロ。一死三塁となって岡本は投ゴロに倒れた。次のゲレーロは四球で出たが、若林が遊ゴロに終わった。

3点を追う七回はビヤヌエバ、重信の連打で無死一、二塁としたが、亀井の打球は投直となり、一走重信は戻れず併殺に。続く陽岱鋼は二ゴロに倒れた。

七回裏に田口が2点本塁打を被弾するなどして3点を追加されたが、1点でも返していれば違った展開もあったかもしれない。

原監督は六回一死三塁の岡本について「内野を越えるというかダーンとね、というところはあるでしょ。守備隊形も含めて後ろにさがっているわけだから」と、打点を挙げられなかった四番に苦言を呈した。

試合前は、球団OBのクロマティ氏が原監督の要望を受けて岡本、ビヤヌエバらに打撃指導を行った。ビヤヌエバはこの日2安打。岡本の変身も待たれる。

関連記事