クライマックスシリーズ最終S展望ー西武編

西武 ソフトバンク

西武は昨季のクライマックスシリーズ最終ステージでソフトバンクに1勝4敗、アドバンテージを含めて2勝4敗で、辻監督は悔し涙を流した。一年越しのリベンジを期する。

先発はニール、今井、十亀の3人。6試合を戦う場合は6戦目に再びニールが投げる。いずれも6回を3失点程度に抑え、打線の援護を期待したい。

打線は水物と言われるが、西武打線には関係ないだろう。優勝決定後は森、中村らは休養を取り、疲労の蓄積も解消された。シーズン終盤よりは体調は良いはずだ。

首位打者の森、本塁打王の山川、打点王の中村と並ぶ強力打線がある程度は得点を期待出来る。昨季の雪辱を果たす可能性は十分にある。

関連記事