クックがクイック克服!俊足・植田をけん制で刺す

巨人 阪神

◆巨人2-4阪神◆
6月22日に登録を抹消された巨人・クックが2-4の九回に登板した。

クックは走者を背負うと不安定になり、クイックを不得手としていた。ワザと足を高くあげたこともあり、二軍へ落ちていた。

だが、セットアッパーのマシソンが不調で、クックの悪癖も修正されたという理由で、一軍に戻ってきた。

先頭の俊足・植田に安打を許し、さっそく走者を背負った。だが、続く近本に対しての初球で見事なクイックを見せ、149キロのストレートでストライク。

0-1とすると、今度は一塁へ牽制して植田を刺し、一死を取った。

近本は空振り三振、本塁打を放っているソラーテは投ゴロに打ち取り、打者3人で切り抜けた。

植田は走塁死が多いために、この試合だけでは牽制が上手くなったとは判断出来ない。ただ、不得手としていたクイックに進歩が見られたのは確かだろう。

関連記事