オリ4戦連続死球に怒り「何試合で何個よ」中嶋監督

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 日ハム

◆日本ハム0-3オリックス◆
オリックス・中嶋監督が死球に怒りをあらわにした。

八回二死無走者、日本ハム・井口の初球が福田の右脚を直撃。福田はその場に倒れ込み、足を引きずりながらベンチに戻って治療を受けた。

オリックスベンチからは当たった瞬間に「ナンジャゴラー」と大声の野次が飛び、中嶋監督はベンチを飛び出して永井主審のもとへ。「最近多すぎるよ、何個よ?何試合で何個よ」と日本ハムベンチに聞こえるように声を張り上げた。

オリックスは2日のソフトバンク戦で吉田正が死球を受けて右尺骨を骨折。10日のソフトバンク戦でも紅林が死球を受けて負傷交代。日本ハム戦でも5~7日の前回3連戦で紅林、宗、T-岡田が死球を受け、これで4試合連続の死球となった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事