オリ2度も一死から犠打→サヨナラ出来ず

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 日ハム

◆オリックス4-4日本ハム◆
一死から犠打を決めたが…オリックスが九、十回のサヨナラ機を活かせなかった。

延長十回、日本ハムの抑え秋吉に対し、ジョーンズが一死から四球で出ると、西村監督は佐野に犠打を指示。念を入れて代走・小田を送り、佐野は初球ファウルの後、2球目に犠打を決めた。だが、続く宗は初球を打ち上げ、三邪飛に倒れ試合は終了した。

九回も一死から安打の山足を大城が送るも、小島が遊ゴロに倒れていた。西村監督は試合後、「九回と十回、サヨナラのチャンスはあったのだから決めていかないと。明日から観客も入りますし、しっかりしなければいけないですね」と反省の弁。


1点を追う八回は、指揮官の志向する機動力で揺さぶりをかけて追いついた。二死からT-岡田が四球で出塁。代走・佐野は二盗し、ロドリゲスが四球で一、二塁。さらに佐野が三盗し、一、三塁。

まだ畳みかけた。ロドリゲスがスタートし、日本ハムの捕手・清水は二塁に投げる振りをした後に三塁へ送球。これが三塁の頭を遥かに超える悪送球となり、佐野が生還した。

足で揺さぶり、犠打を決め。西村監督らしさを発揮しただけに、勝ちきりたかった。まだ最下位。10日からは観客の前で、無様な試合は出来ない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事