オリ監督&コーチ11人刷新…風岡コーチ留任

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 オリックス

◆オリックス4-6西武◆
オリックスは20日の試合後、西村監督が辞任すると発表した。中嶋2軍監督が21日から、監督代行として指揮する。コーチ11人の配置転換も併せて発表された。2軍から中嶋内閣の「閣僚」2人を昇格させる一方、1軍コーチを3人も更迭した。

1軍の投打のコーチ2人を更迭したが、高山郁夫1軍ヘッド兼投手総合コーチは留任した。ただ、打撃や投手の問題ではないだろう。最多20盗塁死を含めた走塁や守備が弱点だ。リーグ2位の失策数ながら、記録に残らないミスが多い。

特に三塁コーチを務める風岡尚幸1軍内野守備・走塁コーチは留任したが、「壊れた信号機」と揶揄される。走塁死を乱発した「主犯」と目されている。来季の監督候補と目される田口壮野手総合兼打撃コーチもそのまま。

◆昇格
辻竜太郎2軍打撃コーチ→1軍打撃コーチ
斎藤俊雄2軍バッテリーコーチ→1軍バッテリーコーチ
小林宏2軍投手コーチ→2軍監督代行
小谷野栄一2軍打撃コーチ→2軍野手総合コーチ

◆更迭
平井正史1軍投手コーチ→2軍投手コーチ
後藤光尊1軍打撃コーチ→2軍打撃コーチ
鈴木郁洋1軍バッテリーコーチ→育成コーチ

◆その他
三輪隆育成統括コーチ→2軍バッテリーコーチ
酒井勉育成コーチ→育成統括コーチ
中垣征一郎パフォーマンスコーチ兼コーチングディレクター→巡回パフォーマンスコーチ兼コーチングディレクター

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、オリックスHPより

関連記事