オリ痛恨被弾で引き分け「負けに等しい」中嶋監督

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス

◆オリックス3-3ロッテ◆
オリックスが痛い引き分け。

先発・山岡が7回5安打無失点と好投し、打線も杉本のソロと吉田正、中川の適時打で3点を奪い終盤へ。完全な勝ちパターンと思われたが、八回から登板した漆原が先頭の荻野に二塁打、一死後に四球で一死一、二塁とし、四番・安田に初球を狙われて同点3ランを浴びた。

試合後、中嶋監督は「かなり痛い、ほぼ負けに等しい」と怒り心頭。漆原‐頓宮のバッテリーを「四球のあと、カウント球で入るべきなのか。四番打者に。不注意」と断罪した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事