オリ球団職員コロナ陽性、遠征に普段は帯同

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス

オリックスは31日、球団職員1人が新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。

管理部門に所属する40代の男性社員。同居家族が26日に体調不良を訴え、翌日、保健所の指導によりPCR検査を受けた。29日に陽性と判定された。

男性社員は札幌遠征には帯同せず、27日に自主的に隔離。30日にPCR検査を受け、夜に陽性と判定された。体調に異常なく、コロナウイルスの特徴的な症状はないという。

陰性と判定されるまで自宅待機する。先週、仙台で対戦した楽天と日本ハムにも報告した。濃厚接触者は一軍の選手にはいないという。

17、18日に一、二軍の首脳陣や選手、スタッフ、170人にPCR検査を実施。全て陰性だった。8月4日からのロッテ戦(京セラドーム)も実施する予定だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事