オリ拙守に走塁ミス…八回4失点で逆転負け

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ロッテ

◆ロッテ5-6オリックス◆
オリックスが八回に4点を失い逆転負け。セットアッパーの海田が4失点して勝利の方程式が崩れたが、センター後藤の拙い守備や吉田正の走塁ミスが足を引っ張った。

一死三塁からマーティンのフライはセンターやや左へ。後藤が捕球して強肩でバックホームすると思いきや、距離感をつかみかねたのかグラブにも触れられず、記録は二塁打に。

さらに中村の中前打で二走マーティンが生還。間に合わないタイミングにも関わらず本塁へ送球し、その間に中村は二塁へ。四球と三振で二死一、二塁となり、藤岡の2点二塁打で逆転された。

先発山岡が3球で負傷降板し、計7投手をつぎ込んだが実らず。七回は無死から適時二塁打を放った吉田正が三塁を狙い走塁死。ミスがなければ…と嘆きたくもなる。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事