オリ崖っぷち、増井2四球に苦言【日本シリーズ】

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ヤクルト

◆ヤクルト2-1オリックス◆(日本シリーズ第4戦)
ヤクルトが3連勝し、3勝1敗として日本一に王手をかけた。対するオリックスは単打のみの6安打と打線がまたしても振るわず。

リリーフも冴えなかった。六回、元抑えの増井がシリーズで初登板したが、2四球などで二死一、二塁として降板、比嘉がオスナに決勝適時打を許した。四球はいずれもフルカウントから。投げた瞬間にボールとわかるフォークだった。

中嶋監督は試合後、リリーフについて「難しい場面だとは思うんですが、こういう試合は、四球はすごく気になる。どうしてもそれが大きくなってるのかなあ」と苦言を呈した。

前日もバルガスが2四球を与えるなど、救援陣で4失点して敗れている。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事