オリ山本由伸、初の沢村賞

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス

プロ野球で今季最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」にオリックスの山本由伸投手(23)が初めて選ばれた。

山本は26試合に登板して18勝5敗、防御率1.39、206奪三振、勝率.783。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、勝率第1位の4冠を獲得し、チームを25年ぶりのパ・リーグ優勝に導いた。東京五輪では日本代表のエースとして2試合に先発し、金メダルを獲得した。

22日に開かれた選考委員会では、全会一致で選出された。選考基準7項目(15勝、150奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回、25登板、勝率6割)のうち、5項目をクリアした。選考委員長の堀内恒夫氏「この数字を見ると、他の投手と比べようがないくらい突出している」と述べた。

■沢村賞選考委員■
平松政次、堀内恒夫、村田兆治、北別府学(病気療養のため書面参加)、山田久志

文・写真/BBNEWS編集部

◆山本由伸
背番号 18
カナ ヤマモト・ヨシノブ
出身校 都城
誕生日 1998年8月17日
年齢 23
血液型 AB
身長 178
体重 80
所属履歴 都城
キャリア 5年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 4
公式戦初出場 17年8月20日ロッテ=京セラ
年俸 1億5000万円
昨季年俸 9000万円
タイトル (防)19(振)20
家族 独身

関連記事