オリ山本「最低限」で2勝目

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ロッテ

◆ロッテ1-5オリックス◆
オリックス・山本が「最低限の投球」で2勝目を挙げた。

7回6安打、レアードのソロのみの1失点という内容だったが、本人は「ほぼ毎回ランナーを出してしまい、少しテンポが悪くなった。勝ててよかった」と反省しきり。

前回、1日ソフトバンク戦での登板は2安打完封。それと比較したのか、この日の投球は「なんとか最低限のピッチング」と振り返り、5点を援護した打線に「本当に助かりました」と感謝した。

そんなエースを中嶋監督は「前回がかなり良かっただけに、今日はちょっと力でいきすぎたのかな。それでもしっかりと最小失点でまとめてくれた」と讃えた。

日本を代表する投手と目される存在ながら、これまでは援護に恵まれず8勝が最多。3戦2勝と好スタートを決めた今季は、二桁が「最低限」だろう。

文・写真/BBNEWS

◆山本由伸
背番号 18
カナ ヤマモト・ヨシノブ
出身校 都城
誕生日 1998年8月17日
年齢 22
血液型 AB
身長 178
体重 80
所属履歴 都城
キャリア 5年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 4
公式戦初出場 17年8月20日ロッテ=京セラ
年俸 1億5000万円
昨季年俸 9000万円
タイトル (防)19(振)20
家族 独身

関連記事