オリ山岡3勝目、西勇に適時打「悔しいですね」

NPB(プロ野球) 阪神 オリックス

◆阪神2-5オリックス◆
7回2失点の好投で元同僚の阪神・西勇に投げ勝ち、今季3勝目を挙げたオリックス・山岡が、西勇に“バット”で負けたことを悔しがった。

オリックスが2点リードで迎えた五回、二死一、二塁から西勇がレフト線への適時二塁打を放ち1点差に。次の近本も右前適時打を放ち、阪神が一時同点に追いついた。

お立ち台でこの場面の事を聞かれた山岡は、西勇のヒットに「悔しいですね。打たれちゃいけないと思うので」と即答。自身の打席では粘りを見せたものの3打数3三振。「前に飛ばないだけで…あまりバッティング得意じゃないんで」とコメントした。

ただ、降板後の八回に打線が勝ち越して3勝目。「つないでもらって、勝ちまでもらって、感謝しています。(甲子園で)いいイメージを作ることができました」とニッコリ。

山本との「ダブルエース」と期待されながらも、今季はこの試合前まで防御率4点台と苦しんでいたが、この勝利を「きっかけにしたらいいと思う」と今後の巻き返しを誓った。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山岡泰輔
背番号 19
カナ ヤマオカ・タイスケ
出身校 瀬戸内
誕生日 1995年9月22日
年齢 25
血液型 A
身長 172
体重 68
所属履歴 瀬戸内(甲)―東京ガス
キャリア 5年
投打 右左
ドラフト年度 16
ドラフト順位 1
公式戦初出場 17年4月13日ロッテ=京セラ
年俸 8500万円
昨季年俸 1億円
タイトル (率)19
家族 既婚

関連記事