オリ山岡泰輔の身体能力【自主トレ2021】

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 自主トレ

オリックス山岡泰輔は広島で榊原翼、楽天・森原康平らと自主トレを行っている。元オリックスの高島誠トレーナーの指導を受けている。

高島トレーナーはツイッターに動画を投稿し、トレーニングの様子を公開している。

172センチ68キロとプロ野球選手としては小柄な山岡の身体能力が垣間見える。

パルクールドリル。移動を通じて身体の機能を引き出すのが目的だ。軽快に身体を操っている。

逆立ち。地面から突き出た棒で身体を支えているかのような安定感がある。

大リーグで普及しつつある「コア・ベロシティ・ベルト」を着用し、重量のあるメディシンボールを投げる。身体の力を効率良く、投げる動作に利用しているのか分かる。

そして遠投をスローで。柔らかいフォームで、手が大きな軌道を描いている。

19年には最高勝率のタイトルを獲得した。さらなる進化へ。150キロ近いストレートを投げ続けるために、スタミナの強化を目指している。

文・写真/BBNEWS編集部

◆山岡泰輔
背番号 19
カナ ヤマオカ・タイスケ
出身校 瀬戸内
誕生日 1995年9月22日
年齢 25
血液型 A
身長 172
体重 68
所属履歴 瀬戸内(甲)―東京ガス
キャリア 4年
投打 右左
ドラフト年度 16
ドラフト順位 1
公式戦初出場 17年4月13日ロッテ=京セラ
年俸 1億円
昨季年俸 4500万円
タイトル (率)19
家族 既婚

関連記事