オリ宮城8勝「弱気になった」4四死球

NPB(プロ野球) 西武 オリックス

◆オリックス10-0西武◆
オリックスが連敗を止め、同率首位をキープした。宮城が5回3安打6奪三振。4四死球を与えながら、リーグトップの8勝目を挙げた。

初回に栗山、三回は源田に死球。「正直、いきづらい部分があった。少し弱気になった」。源田の次打者、左のスパンジェンバーグと栗山には外角球を続けて空振り三振と遊ゴロ。「外で抑えられたのは自信になります」と振り返った。だが、五回は二死から源田に二塁打。スパンジェンバーグと栗山に連続四球を与えて満塁とするなど、課題を残した。

五回を終えて5点差。中嶋監督は「あんなに四球を連続で出すような投手じゃないんで苦しいんじゃないかと思い、五回でスパッと替えました。そんなに当てる投手ではないけど、まだ若いので遠慮することもあるのかなと思う」「プロですので、弱気になるのも無くしていかないといけないし、そう思われたら相手につけ入るスキがあるわけなので。もう1回、(内角の)精度をしっかり上げてほしい」

本来は変化球と150キロ前後のストレートで緩急をつける。内外角に投げ分け、ストライクを苦もなく取る。ベテランのような投球術が持ち味だが、まだ19歳。期待が大きい分だけ、さらなるレベルアップが求められる。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS編集部、球団HPより

◆宮城大弥
背番号 13
カナ ミヤギ・ヒロヤ
出身校 興南
誕生日 2001年8月25日
年齢 19
血液型 A
身長 171
体重 80
所属履歴 興南(甲)
キャリア 2年
投打 左左
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場 20年10月4日楽天=京セラ
年俸 870万円
昨季年俸 770万円
家族 独身

関連記事