オリ中嶋監督「まだ発展途上のチーム」

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ヤクルト

◆オリックス1-2ヤクルト◆(日本シリーズ第6戦)
オリックスが延長戦で敗れ、2勝4敗で25年ぶりの日本一を逃した。

中嶋監督は、9回1失点と好投した山本について「最後にあれだけの投球をしてもらって、何とかしてあげたかった」と労い、「いつも言うように、毎回毎回打てるわけじゃないんですけど。点が取れなかったのは、結果として受け止めるしかない」と1得点に終わった貧打を敗因に挙げた。

この日本シリーズについては「まだもうちょっと出来たのかなと思いますけど。自分らのやってる野球なのかと言えば、ちょっと違う気もしましたし。どうしても気負いなのか、緊張なのか。思ったより動いてくれなかったのかな、動けなかったのかな、というのはありました」と振り返り、「責任は全部、監督」と結果を背負った。

一方で、2年連続最下位からリーグ優勝した今季については「本当に諦めない姿勢は非常に付いてきた」と振り返り、「まだまだ足りない部分もありますし、発展途上のチーム。まだまだやらなきゃいけないことは、いっぱいある。これで終わりというより、チーム、選手個人すべてが、まだまだレベルアップできるチームだと思っていますんで。ちょっとゆっくり休んでもらいますけど。もう来年は始まっている」来季の雪辱を誓った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事