オリ中嶋監督、判定に不満…九回リクエスト2発

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 楽天

◆オリックス5-5楽天◆
オリックスの中嶋監督が判定への不満を表明した。九回に2度、リプレー検証を要求したが、いずれも覆らず。この回、3点を追いつかれた。

指揮官は「判定については仕方ないが、選手がベースを踏んだというのは自信を持っていた事なので、それだけは言いたい。ただ、余裕を持っていたら2つとも取れていたアウトだった」

特に「誤審」を主張したかったのは2度めのリプレー検証。無死満塁から小深田の三塁線へのゴロを山足がベース付近で捕球、ベースを踏む素振りをしてから本塁に送球し、若月が三走・辰己にタッチしてアウト。しかし、三塁塁審の丹波審判は「山足がベースを踏んでいない」として二走・岡島は三塁セーフの判定。山足のアピールで中嶋監督がリクエストした。

だが、リプレー検証の結果、判定は変わらず。一死満塁で再開。中嶋監督は2度の権利を使い切った。この後、鈴木の適時打と島内の2点二塁打が続き、同点とされた。

中嶋監督は今季リクエスト14回で成功5回。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事