オリー西武、勝敗分けたワンプレー

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 オリックス

◆オリックス7-6西武◆
ゲームセットかと思いきや…。九回二死からのワンプレーが勝敗を分けた。

3点リードした二死一、二塁でマウンドには抑えの増田。ジョーンズの当たりは平凡な三ゴロとなった。だが、八回裏の守りから守備についていた佐藤は二塁へ送球。吉田正の代走で出場していた小田は滑り込み、アウトの判定となった。これに中嶋監督がリクエスト。リプレー検証の結果、判定は覆りセーフ。二死満塁となった。

一塁へ送っていれば、鈍足のジョーンズは悠々アウトだった。佐藤は距離が近い二塁へ送ったが、小田の全力疾走が活きた。記録は佐藤の野選となった。増田は気持ちを切り替えられなかったのか。続くT―岡田が走者一掃の3ベースを放ち同点。さらに杉本の左前打でサヨナラ勝ちした。

中嶋監督は「ありがたかったです。誰一人諦めていなかった。お前ら凄いなと言ってあげたい。目に光るものはないです笑。まだ借金と借りを返したい、流れはいいと思いますので気を引き締めて頑張りたいです」

同点打のT―岡田は杉本に「必ず繋ぐから決めてくれ」と託していたという。香水を貸し合う2人の殊勲打。3点差でも諦めずに代走を送った中嶋監督の采配と小田の全力疾走が活きた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事