オリックス16残塁1点 拙攻&采配ミス&失策一覧

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 楽天

◆オリックス1-9楽天◆
前日はバント安打の1本だけに終わったオリックスがこの日は11安打を放ったものの16残塁。わずか1点しか取れなかった。

残塁の内容を一覧にすると凄まじい。

一回 二死一、三塁
二回 二死満塁
三回 二死一塁
四回 二死二塁
五回 二死二、三塁
六回 二死三塁
七回 二死一塁
八回 二死一、二塁
九回 二死満塁
十回 二死一塁

◆盗塁死
まさに拙攻。初回に中川の適時打で先制したが、二死一、三塁から中川が盗塁死。スタートも悪く、重盗ではなかったので意図が不明の無駄死にだった。

◆スリーバント失敗
同点の八回は無死一塁で広沢がスリーバント失敗。九回は一死満塁のサヨナラ機に大城の代打・小島が空振り三振に倒れた。


西村監督は「チャンスはあったと思うんです。あと一本が出ていればこういう展開にはなっていない。守りのミス、バントのミスも出ました。終盤だけにちゃんとやっていかないと」。

◆決勝エラー
ミスは十回、二死一、二塁のこと。一塁ゴロでアウト…と思われたが中川が後逸し、右翼の小田が懸命にバックホームしたが間に合わなかった。

決勝点となったが、中川はこれがプロ初失策。試合途中に三塁から一塁に回っていた。

◆申告敬遠裏目に
さらにその前には二死二塁でロメロを西村監督が申告敬遠。裏目に出た。

◆犠打&リクエスト失敗
裏の攻撃では先頭の西村が安打で出たが、後藤が犠打を試みて二塁封殺。西村監督はリクエストしたが、判定は覆らなかった。


ただ、メジャー282発のジョーンズに2安打が出たのは好材料。試合後は中川の肩に手を回して慰めていた。21日の先発は昨季防御率1位の山本だ。昨季は援護に恵まれず8勝止まりだったが、今季は何勝を挙げることができるだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

◆中川圭太
背番号 67
カナ ナカガワ・ケイタ
出身校 東洋大
誕生日 1996年4月12日
年齢 24
血液型 B
身長 180
体重 76
所属履歴 PL学園―東洋大
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 18
ドラフト順位 7
公式戦初出場 19年4月20日楽天=楽天生命
年俸 2800万円
昨季年俸 700万円
家族 独身

関連記事