オリックス連勝ストップ、成瀬・増井の中継ぎテストは…

西武 オリックス

◆西武7-0オリックス◆
オリックスの連勝が5で止まったが、今後を占う投手起用も見られた。

先発の榊原が5回3失点で4敗目。初回に先頭から3連打で2点を失い、試合は決まった。「調子はよくなかった。チームが積み上げてきたものを壊してしまったのが一番悔しい」とコメントした。

3点を追う六回には、これまでは先発してきた成瀬が2/3回で4安打3失点で試合を壊した。先頭の森から三振を奪ったが、球威もなく、救援には向かないようにも思える。西村監督は「球が高くなるとつかまってしまう。もっと低めに制球すること」と話したが、以後の救援登板は難しそうだ。

6点を追う七回は不振で二軍降格していた増井が救援し、1回2安打無失点。西村監督は「悪くはないでしょう」と一定の評価を与えたが、今後の起用法について明言はしなかった。

交流戦で巻き返した最下位オリックスだが、ベテラン2人の起用法は定かではない。

関連記事