オリックス粘りを見せるも…自力優勝が消滅

ソフトバンク オリックス

◆オリックス5-6ソフトバンク◆
オリックスが逆転負けし、パリーグで最初に自力優勝が消滅した。ソフトバンクは9連勝。

6、7日と連勝しなければ自力優勝が消滅するオリックスは、粘りを見せた。1-4の五回は、対戦防御率が0点台の大竹から、佐野がプロ初本塁打となる3点弾をレフトスタンドへたたき込んで追いついた。さらに七回は椎野に対し、一死から四球で中川が出ると、吉田正尚のマウンド直撃の当たりがエラーを誘って一、三塁。マレーロが左翼へ適時打を放ち、勝ち越した。

八回に勝ち越しを許したが、守備の乱れが響いた。先頭の内川のゴロをサード安達が後逸。二死までこぎつけたが、松田に逆転本塁打を浴び、力尽きた。九回は二死一、二塁としたが、あと一打が出なかった。

西村監督は「勝ち越しただけに松田の本塁打が痛かった。ツーアウトまで取っていたので、初球の入りが甘かった。同点に本塁打で追いついて、マレーロの勝ち越し打の後、追加点が取れなかった。1点でも2点でも取っていかなければ。こういうゲーム展開になりますよね」と悔やんだ。

自力優勝の消滅については「これでシーズンが終わった訳ではありませんので」と話したが、この日のような粘りを、もっと早い時期に見せたかった。交流戦の好調をソフトバンクに止められた今、目標を再開脱出からのCS進出に切り替えるしかない。

関連記事