オリックス“流行り”のブルペンデー導入も…岩本が四球連発

西武 オリックス

◆オリックス3-7西武◆
リリーフ投手を繋ぐ「ブルペンデー」。今季、先発投手のコマ不足解消のために日本ハム、ソフトバンク、ロッテが採り入れた戦術を、オリックス・西村監督も試した。

出だしはまずまずだった。先発・山田は3回1失点。だが、同点の四回から登板した岩本が崩れた。

一死から二塁打を浴びると、二死からなんと4連続四球を与え、2点を勝ち越された。二死満塁となり、交代した吉田一将も中村に走者一掃の3点二塁打を浴び、この回5失点。

西村監督は岩本について、「攻めている気持ちは伝わったが、コントロールがね。流れが悪くなるミスは避けなければいけない」と話した。

11連戦で先発の頭数が足りなかったために、流行に乗ったまでは良かったが、結果はイマイチだった。

関連記事