オリックス価値ある引き分け

オリックス ロッテ

◆ロッテ2-2オリックス◆
オリックスは救援陣が踏ん張り、価値ある引き分け。

八回、増井が二死三塁のピンチを切り抜けた。延長十二回は岩本がエラーと犠打、暴投で一死三塁とされるが、鈴木を二ゴロ、マーティンは申告敬遠。マーティンが二塁へ進み二、三塁となったが、最後は清田を空振り三振に打ち取った。

オリックスは六回以降は無安打。四球で走者は出したが、二塁すら踏めなかった。ロッテはサヨナラ機があっただけに、オリックスの方が引き分けに意味がある。

西村監督は「リリーフが良く投げてくれた」と評価した。

関連記事