オリックスー西武あわや乱闘のにらみ合い、死球の応酬で両軍監督飛び出す

西武 オリックス 怪我 乱闘

◆オリックス4-5西武◆
4日のオリックス-西武戦(京セラドーム)で一触即発のあわや乱闘という場面があった。

二回表の西武の攻撃、オリックスの先発・竹安が先頭の岡田の腰に死球を与えてしまう。竹安はすぐに帽子を取って謝罪したが、西武側から何事かを言われたのかオリックス・西村監督らが怒り心頭の様子で一塁ベース付近に向かった。

それを機に両軍ベンチが飛び出した。にらみ合いとなる中、西武の馬場・小野両コーチらが西村監督の手や腰を抑えて制止、辻監督が何事かを語りかけ、西村監督も怒りを収めた。

この前の回には、オリックス・小田が西武の先発・ニールから押し出し死球を受けていた。

また、オリックスは、1日のロッテ戦でも西野への2死球を巡り西村監督が激昂、両軍ベンチが飛び出す一触即発のシーンがあった。

関連記事