オリックス・山本が最終戦で規定投球回数に到達、最優秀防御率獲得

ソフトバンク オリックス

◆オリックス-ソフトバンク◆
オリックスの山本由伸が先発、六回を投げ切った時点で規定投球回数に到達、最優秀防御率の獲得を確実にした。

山本は六回まで1失点。この試合前の時点で137回を投げ、防御率1.97。防御率トップの日本ハム・有原の2.46を大きく上回っていた。

この日も初回から最速153キロの直球を軸に押す投球。六回までソフトバンク打線を福田のソロによる1点に抑えた。この時点で投球回数143、防御率1.95でトップに浮上した。

オリックスは山岡が13勝4敗で最高勝率をすでに決めており、山本の防御率と合わせて投手二冠となる。

関連記事