オリックス・山崎福が危険球退場

エンタメ・話題 オリックス 広島 危険球

◆広島3-9オリックス◆
オリックスの山崎福也が、9点リードの延長十回に登板。3人目の野間の頭部に死球を与え、危険球退場となった。今シーズン、パ・リーグで5人目、両リーグで10人目。

山崎は先頭の上本を打ち取ったが、松山に内野安打を許し、続く野間への5球目がヘルメットのつば部分を直撃した。オリックスは一死一、二塁から急遽マウンドへ上がった小林が2本の適時打を浴びて3点を返された。

オリックスは延長十回に見事な集中打でこのカード3連勝としたものの、最後に課題が出てしまった。

関連記事