オリックスに最下位脱出の壁?澤田また災難

オリックス 日ハム

◆オリックス1-7日本ハム◆
最下位脱出の壁は高くて厚いか。オリックスが終盤に突き放され、この3連戦での最下位脱出はならなかった。

1-2と競り合って終盤に突入したが、九回に突き放された。澤田が一死から四球の後、本塁打を浴びて1-3。

さらに近藤に右膝直撃の安打を浴びて小林に交代したが、3安打にエラーも絡んで1-7。

これで日本ハム打線に火がついた気配もあり、嫌な終わり方となった。23日は4人もお立ち台に上がり、優勝したかのようなお祭りムードだったが、そう甘くはない。

澤田は右手骨折から三カ月ぶりの登板だったが、二軍落ちが決定。四月末には四球を連発して西村監督の怒りを買い、試合中に強制帰宅させられて二軍落ちしたが、こちらも甘くはなかった。

関連記事