オリックスが交流戦の勝ち越し決める

オリックス 広島

◆広島2-3オリックス◆
オリックスが広島に連勝し、交流戦の勝ち越しを決めた。

この日はドラフト3位の荒西が5回1/3を1失点と好投。攻撃では広島・小園の失策で作った六回無死二、三塁のチャンスに、交流戦首位打者を争うドラフト7位中川が2点適時打。ルーキーの活躍で接戦をものにした。

これで交流戦は9勝6敗となり、2試合を残して3年連続の勝ち越しが決まった。西村監督は「あそこまでよく投げてくれた」と笑顔で好投の荒西を労い、ローテーション入りを確約した。

一方の広島はこれで交流戦5カード目の負け越し。11位のヤクルトに0.5ゲーム差の最下位に沈んでいる。

関連記事