オリックスが中継ぎ右腕、マイナー174発ドミニカンと契約

NPB(プロ野球) オリックス ストーブリーグ

オリックスは23日、ともにパドレス傘下3Aでプレーしたタイラー・ヒギンス投手(28)とアデルリン・ロドリゲス内野手(28)を獲得したと発表した。背番号はヒギンスが「52」、ロドリゲスが「42」。

ヒギンスは米国出身で190センチ、97キロの右腕。3Aでは主に救援で通算62試合に登板、5勝2敗7セーブ、防御率4.35の成績を残した。

ロドリゲスはドミニカ出身で191センチ、95キロ、右投げ右打ち。マイナー通算174本塁打の長打力が武器。

▼ヒギンス投手コメント
はじめにオリックスのユニフォームを着て、オリックスファンの皆様の前でプレーする機会をくださった球団に感謝しています。私も家族も、日本でプレーすること、日本の文化を経験できることをとても楽しみにしています。今回の契約にあたり、携わっていただいた全てのスタッフの方への感謝とともに、必ず優勝の手助けができるよう、一生懸命がんばります。

▼ロドリゲス内野手コメント
まず、この度、日本でプレーする機会をくださった球団に感謝します。私のモットーは100%を出し切ることです。私の持っているすべてを試合で出し切り、チームの勝利に貢献できるよう、しっかりと準備をして、良いシーズンを過ごしたいと思います。

文/BBNEWS編集部 写真/球団公式HPより

関連記事