オリックス、先頭打者の内野安打1本で勝利

オリックス 楽天

◆オリックス1-0楽天◆
オリックスは天敵・則本昴にわずか1安打に抑えられながらも、初回に挙げた1点を山岡、ディクソンのリレーで守り切った。

初回、先頭の福田が遊撃への内野安打を放つと、犠打と野選で一死一、三塁とし、吉田正のセンターへの犠飛で1点をもぎ取った。

しかし、その後は二回から六回まで一人のランナーも出せず、文字通り“手も足も出ない”状態。

だが、若い投手が貧打に耐えるのがオリックスの勝ちパターン。先発・山岡は序盤は毎回先頭打者を出す苦しいピッチングだったが、要所を抑えて八回まで4安打10奪三振で無失点に抑えた。

球宴第2戦から中2日での登板となったが、六回から七回にかけて4者連続三振を奪うなど、しり上がりに調子を上げて虎の子の1点を守り切った。

お立ち台に立った岡はお立ち台で「相手のノリさんがすごいいいピッチングをしていたんで、負けないように投げました」と笑顔を見せた。