オリックス、ドラ1宮城&ドラ4前が初登板

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス

オリックスのドラフト1位左腕・宮城大弥とドラフト4位右腕・前佑囲斗が25日のウエスタンリーグ阪神戦(甲子園)で公式戦に初登板した。ともに昨年のU-18ワールドカップに出場した侍ジャパンのメンバー。
 
宮城は先発し、3回4安打2失点。最速153キロを記録し、4三振を奪った。四回から前がリリーフし、1回無安打無失点。2三振を記録した。

世界を知る左右のルーキー。オリックスの未来を担う二人が、プロの第一歩を踏み出した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆前佑囲斗
背番号 43
カナ マエ・ユイト
出身校 津田学園
誕生日 2001年8月13日
年齢 18
血液型 A
身長 182
体重 88
所属履歴 津田学園(甲)
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 4
年俸 550万円
契約金 4000万円
家族 独身

関連記事