オリまた九回5失点「何かあんのか」中嶋監督

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス 楽天

◆オリックス5-6楽天◆
オリックスが前日に続き最終回に5失点でまさかの逆転負けを喫した。

八回までは理想的な試合運びだった。先発・田嶋は楽天打線を7回散発5安打に抑え無失点。

打線は五回まで1安打に抑えられていた楽天先発・田中将を六回に捉え、4長短打で3点を奪い先制。七回には福田の二塁打などで1点を加え、3点差に詰められた八回には吉田正の16号ソロで再び突き放した。

だが、九回に登板した張奕が二死一塁から鈴木、浅村に連打を浴びてまず1点を失うと、次の島内に同点3ランを浴びた。中嶋監督はここで張奕から漆原にスイッチしたが、岡島に逆転ソロを被弾した。

試合後、中嶋監督は「何かあんのかな、九回」とため息。「田嶋の投球だったり、みんなでつないだ正尚のヒットだったり。それを九回で吐き出してしまうという…」と、連夜の救援陣の大乱調を嘆いた。

11カードぶりの負け越しとなる連敗で、2位・ロッテ、3位・楽天との差は2.5ゲームに縮まった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事