オコエ悪送球で痛恨の逆転負け「軽率はいけない」石井監督

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク 楽天

◆楽天5-6ソフトバンク◆
楽天が守備の乱れから逆転負けを喫した。

3点リードの八回二死満塁の場面。柳田の中前打を処理したオコエの山なり返球が、誰も捕れない悪送球となり、三塁ラインを超えてファウルゾーンを転々。その間に一走・栗原まで生還して一気に同点、打者走者の柳田も二塁に達した。続く代打・川島には逆転の左中間適時二塁打を浴び、痛い敗戦となった。

石井監督は「3点目の取られ方が4点目につながっていた部分がある。あそこでどんな状況にせよ、捕ってすぐ内野に返すというところで言えば、できていなかった。いかなる状況、理由があるにしても、まず内野にボールを渡すのが第一条件。ミスを責める訳じゃなく、一回帰って映像を確認してどういう状況だったのか、どういうふうにミスが起きてしまったかを確認して、これからそこの理由を詰めていきたい」とオコエに苦言を呈した。

この日は浅村、鈴木にもエラーが記録され、計3失策。締まらない試合で2位・ロッテとのゲーム差が3に拡がった。「堅く、大事にいく必要はないけど、軽率になることだけはいけない。そういうところで油断が大きな穴につながっていく。チームとしてなくしていかないと」と引き締めた。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事