エップラー乱調でオリックス大敗

西武 オリックス

◆西武10-3オリックス◆
オリックスの4番手で登板したエップラーが、火に油を注いだ。

3-6の七回裏二死一塁から登板し、外崎を三振に取ったが、続投した八回に制球を乱し、試合をぶち壊した。

山川、自打球で負傷交代した中村の代打・佐藤を打ち取り二死とするが、栗山に四球。金子、岡田に連続適時打を浴び、3-8に。さらに木村の安打で二死二、三塁となってからが酷かった。

秋山を2ストライクと追い込んでから、3球目はボール。4球目は内角低めへのカットボールを引っ掛け、ワンバウンドになる暴投で9点目を献上すると、5球目もカットボールが同じように引っ掛かり、内角低めに暴投となって10点目が入った。

結局、1回1/3で2四球2暴投4失点だった。

エップラーは負け試合で投げることが多いが、この日の試合前までの防御率は2.55とまずまずだった。西村監督は特に、安易なミスを嫌うだけに、果たして次の出番は一軍だろうか。

関連記事