アドゥワ好投で広島が7連勝

阪神 広島

◆阪神1-5広島◆
広島が先発・アドゥワの好投で阪神を3タテ、連勝を7に伸ばして首位巨人とのゲーム差を0に詰めた。

アドゥワは「ランナーは背負ってたんですけど、しっかり要所を締めれた」という言葉通り、三回と六回には二死一、二塁、七回には一死三塁のピンチを背負ったが、丁寧に低めを突く投球で適時打を許さず、7回を無失点で終えた。

平成最後のゲームとなった4月30日の甲子園での阪神戦では、今日と同じ秋山と投げ合って5回4安打6四球3失点で負け投手となっていた。この日は4安打2四球でまとめ、お立ち台では「二度と同じことは失敗しないようにと思ってやったのが、いい結果につながってよかった」と胸を張った。

これで今季は7試合に投げ防御率は1.42、先発では2連勝だ。「まだまだな部分が多いですけど、しっかりチームに貢献できるよう頑張ります」と謙虚に語る高卒3年目の20歳が広島反攻のカギとなりそうだ。

関連記事