【2020主な新戦力・ソフトバンク】バレンティンは中軸、ムーアは先発ローテに

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク 特集企画・連載 ストーブリーグ

キャンプ開幕を2週間後に控え、12球団の新戦力が出揃った。チーム毎に目玉を紹介する。

4年連続日本一を目指すソフトバンクは投打に大物助っ人を補強した。福田秀平はロッテへ移籍したが、影響は軽微だろう。昨季のように故障者が続出しなければ、戦力は巨大だ。

◆ムーア(タイガース)

14年にトミージョン手術を受けて球速が落ちたというが、メジャー通算54勝の左腕。レイズ時代の12年に11勝、13年に17勝を挙げた。先発ローテーションとして期待がかかる。年俸3億8400万円。

◆バレンティン(ヤクルト)

打線にさらなる厚みをもたらす。柳田悠岐、デスパイネ、グラシアルと組む中軸は長打力抜群だ。今季36歳となるが、衰えは見えない。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、MLB公式HPより

関連記事