【侍金メダルへ】9投手総力リレー「悔いのないよう全力で」稲葉監督

ニュース 侍ジャパン 東京五輪

日本代表「侍ジャパン」は7日に横浜スタジアムで行われる決勝で、米国と対戦する。先発は日本が広島の森下、米はソフトバンクのマルティネスと発表された。金メダルを獲得すれば、公開競技だった1984年のロサンゼルス五輪以来、36年ぶり。正式競技としては96年アトランタ五輪の銀メダルが最高だ。

先発は中6日で森下が登板する。稲葉監督は「森下は重圧がかかる中、長いイニングというより、後ろに投手みんながいる。一人一人、思い切っていってほしい」

準決勝で先発した山本を除き、中4日の田中将ら計9投手がブルペンで待機する。抑えの栗林まで、早めの継投で繋ぐ。

6日は都内で全体練習を行った。米の先発はソフトバンクのマルティネス。普段はバッテリーを組む甲斐の情報も含めて、ミーティングで対策を伝える。

指揮官は「簡単な道のりではなかった。緊張感とわくわく感と両方の気持ちが入り交じっている。我々、選手も含めて悔いのないように全力で戦う」。

2000年のシドニー五輪で初めてプロを派遣してから21年。初の金メダルを獲得する。

文・写真/BBNEWS編集部

◆森下暢仁
背番号 18
カナ モリシタ・マサト
出身校 明大
誕生日 1997年8月25日
年齢 23
血液型 O
身長 180
体重 77
所属履歴 大分商(甲)―明大
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場 20年6月21日DeNA=横浜
年俸 4300万円
昨季年俸 1600万円
タイトル (新)20
家族 独身

関連記事