【プレミア12】“V本命”は侍ジャパン、対抗は米国―海外ブックメーカー

ニュース 話題・エンタメ 侍ジャパン

プレミア12の“V本命”は日本——。

米大手オンラインカジノBOVADAは、参加12か国に優勝予想のオッズをつけたが、最も低いのは日本で3.5倍、次いで米国が4倍、韓国で5.5倍となっている。
 
オープニングラウンドで日本と同組となった3か国では、プエルトリコが8倍で日本に次ぐ2番手、台湾が13倍で3番手、ベネズエラが31倍となっている。また、開幕直前の日本との強化試合で1勝1敗だったカナダは21倍で10番人気だ。

参加各国のオッズは以下の通り。

1.日本 3.5倍
2.米国 4倍
3.韓国 5.5倍
4.プエルトリコ 8倍
5.ドミニカ 10倍
6.台湾 13倍
7.キューバ 17倍
7.メキシコ 17倍
7.オランダ 17倍
10.カナダ 21倍
11.ベネズエラ 31倍
12.オーストラリア 41倍

ちなみに、2015年の前回大会で優勝した韓国のオッズは今回と同じ5.5倍だったという。

ホーム開催という地の利も得て下馬評の高い侍ジャパン。オッズ通りの強さを見せて欲しい。

日本では野球賭博は違法のため、サイトを利用出来ない。

関連記事