【プレミア12】韓国・キム監督、敗戦にも「重要なのは明日」

ニュース 侍ジャパン

プレミア12決勝の“前哨戦”スーパーラウンド日本-韓国戦に敗れた韓国のキム・ギョンムン監督は試合後、「重要なのは試合は明日。選手たちと心を一つに頑張る」と逆転優勝を誓った。

キム監督はこの日の試合について「勝てればより良かった」としつつ、決勝のために「体調を整えるために(一部の主力を)休息させた」と戦術的な敗退であったことを明かした。

そのうえで「明日は代表最高の投手が投げる。野手も心を合わせていい試合がしたい」「明日は守備を強化しなければならない。スタッフと食事しながら話し合いたい」と、メンバーを大幅に入れ替える考えを示した。