【プレミア12】韓国「日本のレジェンドがとんでもない主張」と猛反発

ニュース 話題・エンタメ 侍ジャパン

今季で現役を引退した上原浩治氏の発言が韓国で反発を招いている。

上原氏が日本のスポーツ紙にプレミア12スーパーラウンドの見通しを語った中で、侍ジャパンのライバルとして韓国を挙げ「優勝すれば兵役を免除してもらえる韓国は手ごわい」という趣旨の発言をした。

だが、実際には韓国チームが兵役免除となるのは、通例では五輪でのメダル獲得とアジア大会での優勝の場合だけで、今回のプレミア12は対象外だ。このため、「日本のレジェンド投手・上原浩治が不合理な主張」「韓国が強い理由は兵役免除というとんでもない主張をした」「日本の上原氏勘違い」などと各メディアが一斉に報じた。

今回のプレミア12にも兵役免除がかかる五輪への出場権がかかっているので、兵役免除と決して無関係ではないのだが、韓国にとっては看過できない誤りだったようだ。

関連記事