【プレミア12】キューバ監督「韓国は日本を越える」韓国メディアは優勝ムード

ニュース 侍ジャパン

プレミア12の前回王者・韓国では、大会に向け強気の報道が目立っている。

一次ラウンド・グループCのキューバ、カナダ、オーストラリア、韓国の監督が5日、ソウルで共同記者会見に臨んだが、各韓国メディアはその席上の各国監督の「韓国警戒発言」を大きく取り上げた。

報道によると、以下のようなコメントがあったという。

キューバ代表ミゲル・ボロート監督
「韓国は非常に強いチーム。かつては日本が強かったが、今は韓国が日本を超える強いチームだと思う。投・打・守備バランスが非常によい」

カナダ代表アーニー・ウィット監督
「参加する12チームの中で最上位は韓国」

オーストラリア代表デーブ・ニルソン監督
「ディフェンディングチャンピオンである韓国(との対戦)を避けたかったが、韓国に来て試合をすることになった。韓国は北京オリンピックとプレミア12大会で優勝した非常に強い優勝候補だ」

海外ブックメーカーの事前の優勝予想オッズでは1番人気は日本で3.5倍、2番手が米国で4倍、韓国は3番手で5.5倍だが、韓国のメディア上では早くも優勝ムードが漂っている。グループCは6日にキューバ-カナダ戦、韓国-オーストラリア戦で開幕する。

韓国はアジア一位になり、東京五輪出場権を確保するのが至上命令だ。

関連記事