【ソフト対巨人】審判、二盗で判定せず…リクエスト

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ソフトバンク

◆ソフトバンク-巨人◆
四回、二塁塁審が盗塁のセーフ、アウトの判定をしないという場面があった。

一死一塁、フルカウントで一走・石川がスタート。ウィーラーはハーフスイングを取られ三振となる。石川は二塁へ滑り込み、甲斐からのストライク送球を受けた牧原がタッチ。タイミングはアウトながら、二塁・敷田塁審は判定をしなかった。

これに工藤監督がリクエスト。リプレー検証の結果、判定はアウト、三振併殺となった。その後、原監督は球審に確認を行った。

場面 ソ2-2 四回表一死一塁
監督 工藤
結果 成功
審判 二塁塁審敷田
試合結果 ———

工藤監督 今季14回目、成功6回

文/BBNEWS編集部 写真/NPBのHPより

関連記事