「DeNA国吉最速狙う」共同通信記事に本人「言ってない」

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 DeNA 事件事故・ゴシップ

DeNA国吉佑樹のウエートトレーニングに関する記事で、共同通信が赤っ恥をかいた。「自己最速記録を塗り替えるべく体を鍛えている」と書いたが、国吉本人が主旨を明確に否定したのだ。

記事は、「昨年4月にマークした球速161キロの自己最速記録を塗り替えるべく体を鍛えている」と前置きした上で、29日に国吉が横浜スタジアムでの自主練習に参加し、ウエートトレーニングで上半身を追い込んだことに触れ、「今はトレーニングの成果がモチベーション。プロテインを飲み終えた時に一日の達成感がある」とコメントを紹介した。

ところが国吉は記事配信の即日、「自己最速狙うなんて言ってないし、トレーニングの目的もその為じゃない…。」とツイートした。1日で700件以上リツイートされ、良いねも2300件超だ。

DeNAはコロナウイルス対策で、記者による練習の取材は受け付けていない。球団が練習内容を報道各社に伝え、写真を配布し、各社はそれを記事化している。

各社は同じ素材を用いて記事を作成していることになるが、共同通信以外の記事を見ると、神奈川新聞は「昨季マークした球速161キロの更新へ鍛錬を怠らない」と書いているが、他紙は球速には触れていない。要するに、勝手に共同通信の記者が「創作」したことになる。

ウエートトレーニングは球速を上げるためのトレーニングとの思い込みでもあったのか。OBの小杉陽太氏は「スピードガン競争じゃないしなぁ。。
せめて意識するとしたら、スピードアベレージが高い位置で安定するくらいだよな。その為のフォームを支える筋力、再現性、怪我予防、投球動作に連動させるパワーと瞬発の出し方タイミング…などなど」と国吉のツイートにコメントしている。

共同通信は世界を代表する通信社で、加盟する新聞社やテレビ局にニュースを配信している。ホームページによると、55の新聞社とNHK、110の民間放送局と契約しており、加盟紙の合計部数は2400万部。いかに影響力が大きいか分かるはずだ。

練習を取材出来ないから、各社横並びで同じような国吉の練習内容を掲載する。そんな中で独自色を出そうとするのは結構だが、選手に直接、明確に否定されてしまった以上、誤りを認めて訂正記事を掲載するのが道理だろう。

文・写真/BBNEWS編集部

◆国吉佑樹
背番号 92
カナ クニヨシ・ユウキ
出身校 秀岳館
誕生日 1991年9月24日
年齢 28
血液型 A
身長 196
体重 106
所属履歴 秀岳館
キャリア 11年
投打 右右
ドラフト年度 09
ドラフト順位 1(育)
公式戦初出場 11年8月27日中日=横浜
年俸 4400万円
昨季年俸 1700万円
家族 既婚

関連記事