「頼もしい」阪神救援陣、ヤクルト打線を0安打

阪神 ヤクルト

◆ヤクルト1-3阪神◆
阪神が救援投手陣の踏ん張りで接戦を制した。

先発・秋山はこの日も安定した投球で試合を作り、打線が四回に逆転。1点リードの六回から矢野監督は早々に継投策に出る。六回一死一塁から登板した島本が2/3回、藤川、ジョンソン、ドリスが各1回を投げ、全員がヤクルト打線を無安打に封じた。

藤川は3四球でヒヤリとする場面もあったが、二死満塁から山田を左飛に打ち取って通算141ホールド目を挙げ、ジェフ・ウィリアムスが持つ球団記録に並んだ。ジョンソンは2三振を奪って3人で片付けて開幕からの連続試合無失点を16に伸ばし、ドリスも3人斬りで7セーブ目。矢野監督が「頼もしいです」と絶賛する救援陣が、得点力不足を補って接戦での強さをもたらしている。

関連記事