「銀次クンなら併殺に…」工藤采配裏目

西武 楽天

◆楽天4-3ソフトバンク◆
5時間1分の死闘をサヨナラ負けで7連勝を逃した工藤監督は「ベンチの責任」と、十一回の采配を悔やんだ。

高橋純が先頭、茂木に二塁打を許し、太田の犠打で一死三塁となった十一回裏の場面。

工藤監督は浅村を申告敬遠した後、一死一、三塁からのスクイズを警戒し、辰己も歩かせて満塁策を取った。

だが、これが楽天のキャプテン・銀次を刺激、右中間へのサヨナラ打を浴びた。

工藤監督は「銀次クンなら内野ゴロで本塁併殺プレーが取れると考えた」と作戦の意図を説明したが、余計に刺激する結果とならなければ良いが…

関連記事