「逃げ切らないと…」オリックスが13安打で3安打阪神と痛い引き分け、増井は抹消へ

阪神 オリックス

◆オリックス5-5阪神◆
オリックスは5点のリード守り切れず、痛い引き分けとなり、“関西ダービー”3連勝を逃した。

この日は先発・田嶋が6回まで阪神打線を無安打に抑える素晴らしい投球。打線も三、四回に計5点を援護し、圧倒的な優勢で終盤に入った。だが、七回に田嶋が糸原に初安打を浴び、次打者糸井に四球を与えたところで交代した2番手・ディクソンが誤算。大山の二塁打、原口の犠飛などで3点を失った。2点のリードを保って迎えた九回には、守護神・増井を投入したが、制球が定まらずに2四球を与え、代打・福留に同点適時二塁打を浴びた。

延長に入ってからは、十回には無死一、二塁、十一回には一死三塁とサヨナラ機を迎えるが、「あと1本」が出ず。結局、13安打を放ちながらわずか3安打の阪神と引き分けた。

試合後、西村監督は九回の守りに触れ「あそこで逃げ切らないといけないゲーム」と渋い顔で、増井の登録抹消を決めた。

関連記事