「藤浪晋太郎風俗店でコロナ感染」韓国紙が報道

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 阪神 KBO(韓国プロ野球)

韓国の大手紙・中央日報が23日に新型コロナウイルスからの復帰を前に記者会見した阪神の藤浪晋太郎について「風俗店で感染した」と報じた。

同紙は24日夕に電子版で公開した記事で「先月中旬、球団は『不要不急の外出を控えるように』と選手に呼び掛けたが、藤浪は球団の指示を破って風俗店に行き、先月28日にコロナ陽性判定を受けた」「先月風俗店でパーティーを楽しんだ後、コロナ陽性判定を受けた」などと紹介。さらに、「この場に一緒にいた3人の女性も陽性判定された」「藤浪は自分が感染したことを知らず、同僚たちと食事して2人以上に感染させた」などと伝えた。

陽性判定の日付も違い、伊藤隼太や長坂拳弥が藤浪との食事で感染したことになっているなど、ひどい事実誤認が多い。しかし、韓国ネット上のNPB関連ニュースでは上位のアクセスを集め、「性病の代わりにコロナをもらった」「男だから風俗ぐらい行くだろう。騒ぐな」といったコメントが寄せられており、韓国では「風俗店で感染」が既成事実化してしまいそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事