「自分らしく頑張る」DeNA倉本、代打で今季初安打

ニュース 巨人 DeNA

◆DeNA9-2巨人◆
昨季はプロ入り後最少となる85試合の出場にとどまったDeNA・倉本寿彦が、代打で今季初安打となる2点適時打を放ち、貴重な追加点をもたらした。

1点を勝ち越した直後の四回。一死二、三塁で先発・京山将弥の代打として打席に立つと、外角低めをすくい上げ、左中間にポトリと落とした。

「ホッとしました。ランナーを返せて良かったです。自分らしく頑張っていきたい。明日も勝ちます」。お立ち台では、セールスポイントの人懐っこい笑顔が見られた。

ラミレス監督は、遊撃のレギュラーに早くから大和を指名。佐野恵太につぐ、代打の二番手に甘んじているが、かつてはダイナミックな守備で「敵に絶望を与える」と指揮官から賞賛されたこともある。遊撃で勝負したい気持ちは強い。まずは代打として結果を出したい。

関連記事