「移動ゲームきつい」ロッテ吉井コーチ 6連戦終了に

NPB(プロ野球) スポーツ ロッテ

ロッテ吉井コーチがブログを更新し、前代未聞の6連戦が終わり、3連戦に移行したことによる大変さを吐露した。

「仙台、大阪での6連戦、4勝2敗でした。
通常の3連戦になり、久しぶりに移動ゲームがありました。
朝、仙台から大阪へ移動して、夜、ゲーム、そして、次の日からデイゲーム、キツかったです。
ここからはこのパターンのスケジュールになることが多くなるので、今まで以上に体調管理が大事になってきます。(週末もナイトゲームだと、少し楽なのだが)」


各チームは今季120試合の約半分を終えたが、これまでは6連戦が続いていた。移動が減る一方、ロッテがオリックスを6タテするなど、流れを変えづらいという側面もあった。

NPBは過密日程を踏まえ、継続する選択はあったろうが、そうしなかった。猛暑と移動の過酷さも加わり、選手やスタッフは大変だろう。遠征先で外食することも例年より難しい。

仙台から大阪へは新幹線なら5時間弱かかる。飛行機なら片道1時間20分だが、待ち時間や空港までの移動もある。肺活量の多い野球選手がマスクをしていれば、酸欠にもなるだろう。ナイター明けのデーゲームも寝不足に繋がる。

体調管理により腐心する、後半戦となりそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事