「神走塁」台湾メディアが周東を絶賛

ソフトバンク 侍ジャパン・東京五輪

侍ジャパンの脚のスペシャリスト、ソフトバンク・周東佑京が11日のオーストラリア戦で見せた二盗・三盗・ホームインが、台湾メディアに絶賛された。

台湾メディア「三立新聞網」は盗塁や源田のスクイズでタッチをかいくぐりながらホームインする様子を5枚の連続写真で紹介し、「神走塁」と称えた。

「自由時報」も「日本隊は1点をむしり取る戦術に出て、周東佑京が得点に成功、同点に追いついた」と紹介、周東の走塁がこの試合の「カギ」になったと指摘した。

関連記事